フォトウェディングの失敗談!失敗しないためのコツをご紹介

公開日:2023/10/15  最終更新日:2023/06/15

失敗

失敗は成功のもと、ということわざがありますが、人生でめったにない晴れ舞台であれば、できるだけ失敗は避けたいものです。ウェディングフォトもきっとそのひとつでしょう。無事に成功するためには、過去の失敗に学ぶことが大切です。今回の記事では、フォトウェディングにおける失敗談を挙げながら、うまくいくコツを解説します。

フォトウェディングの失敗談

昨今は、新型コロナウィルスの影響もあって、結婚式の代わりに、カジュアルさが魅力のフォトウェディングが脚光を浴びています。みなさんも本腰を入れて検討中かもしれません。実際に取り組む前に、失敗談をひと通り知っておくと、判断するうえでとても貴重な材料になります。

以下、いくつか具体例を挙げておきましょう。結婚式と比べると、フォトウェディングは割安な料金設定ですが、それでもいろいろと問題になってくることがあります。たとえば、お気に入りのドレスが選べない、といったケースもその一例です。

原因は、利用プランにもともと希望のドレスが含まれていなかったから。望んだものを着るためには追加料金が必要だったのですが、予算がつかないこともあって、結局、断念せざるを得ない状況に追い込まれました。

ドレスといえば、フォトウェディングの華です。新婦のみなさんにとって、不本意なドレスを着る状況は絶対に避けたいところでしょう。写真の仕上がりに関しても、のちの手痛い失敗につながることがあります。

気合いを入れて背中の開いたドレスで撮影に臨んだものの、思いのほか、肌のシミやほくろが目立ち、修正を求めたのですが、高額な追加料金ゆえに諦めてしまう。あるいは、自分の好みと違うレタッチを施され、なんだか別人になってしまった、というパターンもあります。

ここで紹介したのは、ほんの一部に過ぎません。笑顔に満ちあふれた現場がある一方で、別の場所では数えきれないほどの失敗の歴史があったことでしょう。後になって笑える思いに出になればいいのですが、必ずしもそうとは限りません。後悔しないためにも、先輩たちの失敗談から賢く学ぶ必要があります。

フォトウェディングで失敗する理由

では、フォトウェディングで失敗する理由には、どういったものがあるのでしょうか。大きく分けて3つのポイントがあります。1つ目は、利用するパッケージプランの詳細をきちんと把握していないことです。

メインとなる条件を考慮しつつ、何を追加したらオプション料金がかかるのか、といったチェック項目を見落とすと、本番になったときに痛い目に遭いかねません。2つ目は、撮影の問題です。

人生の輝ける人公になるわけですから、前もって、あれもこれもとイメージをふくらませて、当日に臨む方も多いでしょう。ところが、いざ撮影になると、時間の制約上、やりたいことの半分もできなかったり、ふだんやり慣れないポーズで恥ずかしかったり、思った通りにいかないことも多々あります。

そして3つ目は、レタッチについてのトラブルです。フォトウェディングの世界ではとくに、レタッチの重要性が高く、その仕上がりレベルによって、写真の印象が大きく変わってきます。

たとえば、チャーミングポイントのほくろを消されたり、眉毛を太くされたり、意図とは違うかたちで修正されると、せっかくのおめでたい気分が台無しです。このような事態を防ぐためにも、撮影本番はもちろんのこと、事前から現場レベルでの円滑な意思疎通を図りましょう。

フォトウェディングで失敗しないためには

フォトウェディングで失敗しないために、いくつか注意点があります。いちばん大事なのは、利用するプラン内容と料金を詳しく確認しておくことです。

ドレスを含めた衣装から、アクセサリーなどの小物、ヘアメイクの有無、撮影カット数、レタッチの料金設定まで、自分の要望に合ったものがそろっているのか、あらかじめ理解しておくと、思わぬ失敗も避けられます。

このほかにも、衣装のグレードや試着できるかどうか、ヘアメイクの好みが合うか、あるいは、カメラマンのセレクト、ポージングの種類など、気になる方はより細かく追求したほうがいいでしょう。

まとめていえば、プランや料金の詳細を詰めたうえで、担当スタッフとの念入りな打ち合わせこそ、フォトウェディングで成功する秘訣です。その際に、プラン上、できること、できないことをはっきりさせ、自分の要望をきちんと伝えれば、未然に失敗も防げます。

限られた予算内で何を最優先にするべきか、念頭に置きながら、数あるフォトウェディングプランの中から、最もピッタリなものを選んでみてください。

まとめ

フォトウェディングの醍醐味は、祝福のひとときを写真としていつまでも残せることです。めったにない機会ですから、最大限に理想の仕上がりを追い求めたいところでしょう。今回の記事では、フォトウェディングでありがちな失敗談をもとに、成功するコツまで解説しました。

要点を整理すると、失敗の多くは、現場でのコミュニケーション不足がベースにあります。成功するには、プランと料金の詳細チェック、スタッフとのスムーズなやりとりが欠かせません。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

「京都の風景をバックに前撮りをしたい!」 「和装にあう場所を選びたい」 「一生の思い出になる1枚を撮影したい」 京都には、ウエディングフォトに最適なスポットが多数存在します。 そこで今回は、
続きを読む
京都府には数多くの観光スポットがあります。中でも祇園は、映画やドラマのロケ地としても使われていることや、インスタ映えスポットとしても注目を集めているエリアです。 そんな祇園でフォトウェディン
続きを読む
フォトウェディングにおいて、「カット数」は大切な要素です。新郎新婦の特別な瞬間や感動的な瞬間を美しく残すために、何枚の写真を撮るかは慎重に検討されるべきポイントです。この記事では、カット数の
続きを読む