フォトウェディングで使うブーケはどんなものを選ぶべき?

公開日:2023/11/15  最終更新日:2023/12/01

ブーケ

フォトウェディングは、結婚式の特別な瞬間を永遠に残すための重要な要素です。その中でも、ブーケは花嫁の美しさを引き立て、写真全体の雰囲気を左右する重要なアイテム。では、どのようなブーケを選べば、フォトウェディングで最高の一枚が撮れるのでしょうか?この記事でできるだけわかりやすく解説します。

ブーケの種類と特徴

フォトウェディングで使用されるブーケには、さまざまな種類が存在します。これには生花ブーケとドライフラワーや造花を使用したブーケが含まれ、それぞれ独自の特徴があります。

生花ブーケ

生花ブーケは自然な美しさが魅力です。新鮮な花々を使用するため、色鮮やかで華やかな雰囲気を演出します。これは伝統的な選択であり、豊富な花材からさまざまなスタイルのブーケを選ぶことができます。

ドライフラワー・造花ブーケ

ドライフラワーや造花を使用したブーケも人気があります。これらのブーケは色褪せにくく、長持ちする利点があります。結婚式後もそのまま保存しておくことができ、思い出として残せます。また、造花を使用したブーケは花材が豊富であり、独創的なスタイルを表現することができます。

ブーケの形状

ブーケの形状にもさまざまなスタイルがあり、主なものには以下のようなものがあります。ラウンドブーケは、その名の通り、丸い形状を持ち、シンプルでありながらクラシックな印象を醸し出します。このスタイルは一般的であり、新婦の手にしっくりと馴染み、美しい均整を生み出します。

一方で、キャスケードブーケは下に垂れるような形状を持ち、優雅でエレガントな雰囲気を演出します。滝のように花が流れるデザインは、華やかでありながらも上品な印象を与え、特にドレスとの相性が良いとされています。

そして、ポーズィブーケは小さな花を束ねた繊細なスタイルで、可愛らしい印象を与えます。このブーケは親密な雰囲気を演出し、花嫁の個性を優しく引き立てます。結婚式の雰囲気や花嫁の好みによって選ばれるこれらのブーケスタイルは、花々のアレンジメントや形状によって異なる魅力を表現します。

ブーケ選びのポイントと花材の重要性

ここからは、フォトウェディングで映えるブーケ選びのポイントや、花の種類はどんなものを選べば良いかなどを紹介します

ドレスとの調和

ブーケ選びの際には、まずウェディングドレスや和装との調和を考慮することが重要です。シンプルなドレスには華やかなブーケが映え、逆に派手なドレスにはシンプルでエレガントなブーケが合います。このバランスが写真や式の雰囲気を引き立てます。

季節とロケーションに合わせた花材の選定

季節や結婚式のロケーションに合わせて花材を選ぶことは重要なポイントです。春なら桜やチューリップ、秋なら紅葉やダリアなど、季節感を感じさせる花材がおすすめです。これにより、自然との調和が生まれ、より一層美しい雰囲気を演出できます。

カラーテーマに合わせたブーケの選択

統一感のある写真を作り出すためには、カラーテーマに合わせた色合いのブーケを選ぶことが重要です。ドレスやデコレーションと調和する色彩でブーケを組むことで、全体のバランスが取れ、美しい印象を残します。

これらのポイントを踏まえ、ブーケ選びは大切な要素のひとつとなります。花材やデザインにこだわり、自らのスタイルやテーマに合ったブーケを選ぶことで、特別な日の記念に残る素敵な一枚を演出できます。

ブーケの保管とアフターケア

新婚カップルが大切な思い出となるフォトウェディングで使用したブーケ。その美しさや色褪せない状態を保つためには、適切な保管とアフターケアが欠かせません。

生花のブーケの保管方法

生花のブーケは、その美しい色合いと新鮮な花々の鮮度が特徴です。ブーケを長く美しく保つためには、適切な保管が欠かせません。まず、水分管理が重要です。ブーケを水に浸し、花々に新鮮な水を供給することで、花々がしっかりと水分を吸収し、長持ちします。この状態を保つことで、色褪せを防ぐことができます。

次に、直射日光の避け方も考慮が必要です。直射日光は花々を早めに乾燥させ、枯れさせる原因となります。したがって、ブーケを保管する場所は直射日光の当たらない涼しい場所が理想的です。これにより、花々の自然な美しさを長く保つことができます。

ドライフラワーや造花のブーケの注意点

ドライフラワーや造花のブーケを美しく長期間保存するためには、いくつかの重要なポイントに留意する必要があります。まず、湿気の管理が鍵となります。これらのブーケは湿気に弱いため、保管する場所は湿気の少ない環境を選びましょう。湿気が高い場所では、花々が傷みやすくなります。

また、色褪せを防ぐためには、直射日光や強い照明からブーケを守る工夫が必要です。これは特に長時間照らされることが予想される場合に重要です。直射日光は花々の色合いを変化させ、褪せさせる可能性があるため、ブーケを保管する場所や飾る場所を慎重に選ぶことが望ましいです。

ブーケのフレームへの入れ方と飾り方

ブーケはフォトウェディングの美しい瞬間を切り取ったもの。そのままではなく、フレームに入れて飾るなど、アートとしても楽しめます。ブーケを飾る方法も考え、思い出をより特別なものにしましょう。ブーケの保管とアフターケアに心を込めれば、大切な瞬間がずっと色褪せずに残ります。

まとめ

フォトウェディングでのブーケ選びは、ドレスやテーマ、季節感を考慮し、長く記念品として残せるような選択をすることが大切です。ブーケはただのアクセサリーではなく、花嫁の個性を表現し、写真を彩る重要な役割を果たします。最適なブーケを選び、一生の思い出に残るフォトウェディングを実現しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

「京都の風景をバックに前撮りをしたい!」 「和装にあう場所を選びたい」 「一生の思い出になる1枚を撮影したい」 京都には、ウエディングフォトに最適なスポットが多数存在します。 そこで今回は、
続きを読む
京都府には数多くの観光スポットがあります。中でも祇園は、映画やドラマのロケ地としても使われていることや、インスタ映えスポットとしても注目を集めているエリアです。 そんな祇園でフォトウェディン
続きを読む
フォトウェディングにおいて、「カット数」は大切な要素です。新郎新婦の特別な瞬間や感動的な瞬間を美しく残すために、何枚の写真を撮るかは慎重に検討されるべきポイントです。この記事では、カット数の
続きを読む